HOME > お知らせ > 原料費調整(スライド)制度に基づく2018年4月のガス料金について
2018.02.27 プレスリリース

原料費調整(スライド)制度に基づく2018年4月のガス料金について

2018.2.27
日 本 海 ガ ス 株 式 会 社


原料費調整(スライド)制度に基づく2018年4月のガス料金について


 拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。日頃は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。  さて弊社では、原料費調整制度に基づいた都市ガス従量料金単価の調整を、下記のとおりとさせていただくことになりましたので、お知らせいたします。

敬具

■「原料費調整(スライド)制度」に基づき、2018年4月検針分に適用される従量料金単価を、2018年3月検針分に適用される従量料金単価に対し、1mあたり+1円51銭(税込)調整させていただきます。 ■標準家庭(1か月のご使用量が21m)の場合、ガス料金は月額5,505円(税込)となり+32円(+0.58%)お支払額が増加します。

※ 原料費調整(スライド)制度は、都市ガスの原料となるLNG、プロパンの価格変動に対応して、従量料金単価(1mあたりの単価)を、毎月見直す制度です。 今回の料金の算定基準となる2017年11月~2018年1月のLNG、プロパンの平均原料価格を2017年11月の貿易統計確報値、2017年12月~2018年1月の貿易統計速報値を基に算定しますと、平均原料価格は49,150円/tとなります。2018年3月検針分のガス料金調整額を算定した2017年10月~2017年12月の実績平均原料価格に比べ、今回の調整額の算定基準となる2017年11月~2018年1月の実績平均原料価格は、トンあたり1,680円上昇することになり、料金調整は上記のとおりとなります。

●2018年4月検針分に適用される一般契約料金(消費税等相当額を含みます。)

2018年3月検針分の従量料金単価に対して+1.51円の調整となります。

料金表 1か月の 使用量 基本料金 (1か月あたり) 従量料金単価(1m3あたり)
2018年4月 2018年3月
A 0m3~10m3まで 959.04円 248.20円 246.69円
B 10m3を超え170m3まで 1,564.48円 187.65円 186.14円
C 170m3を超え500m3まで 4,604.90円 169.77円 168.26円
D 500m3を超える 10,480.10円 158.02円 156.51円

※基本料金は変わりません。 ※基本料金、従量料金単価とも消費税等相当額を含んでいます。

●2018年4月検針分 お客さまへの影響額

標準家庭(1か月のご使用量が21m3)の場合

2018年4月適用料金(a) 2018年3月適用料金(b)

増減(c) (a)-(b)

増減率 (c)/(b)

5,505円 5,473円 +32円 +0.58%

1.上記の料金は、いずれも消費税等相当額を含む1か月の料金です。 2.「標準家庭」のガス使用量は日本海ガスの家庭用のお客さまの2011年~2015年の月平均使用量です。

●平均原料価格推移(円/t)

2017.11~2018.1

2017.10~2017.12

基準平均原料価格

LNG平均輸入価格(貿易統計値)

48,210

46,560

42,480

プロパン平均輸入価格(貿易統計値)

68,050

65,730

39,600

平均原料価格(LNG換算)

49,150

47,470

42,520

※平均原料価格=LNG平均輸入価格×0.9645+プロパン平均輸入価格×0.0390(10円未満四捨五入)

以上

一覧へ戻る
ページの先頭へ