ガスについて

地震の時は、どうすればいいですか?

感震器が震度5相当以上の地震を感知すると、マイコンメーターが自動的にガスを遮断します。
あわてないで、落ち着いて行動してください。

1.揺れがおさまったら、ガスの火を止めてください。

2.ガス機器の器具栓を閉め(消火)、ガス栓(元栓)も閉めてください。

3.ガス漏れに気づいたら、窓を開けて新鮮な空気を入れ、日本海ガス(フリーダイヤル0570-024-099)までご連絡ください。

 換気扇や電気のスイッチにさわらないでください。
 
火気や電気は絶対に使わないでください。そして、屋外に避難してください。

 >ガス漏れに気付いたら

4.ガスを再び使うときは、ガス臭くないかよく確かめてから、ガス栓を開いてください。
 もしガス栓を開いてもガスで出ないときは、マイコンメーターの点滅を確認し、復帰操作をして下さい。

 >ガスが出なくなったら
 >マイコンメーターの復帰方法

【注意】
大きな地震などでその区域のガス供給を停止している場合や、ガスの配管などが破損している場合は、マイコンメーターを操作しても使用できません。

ガス漏れに気付いた時の対処方法 ムービーで見る
ガス漏れに気付いた時の対処方法<30秒>

ガスが止まった時の対処方法(確認事項・マイコンメーターの復帰方法) ムービーで見る
ガスが止まった時の対処方法<90秒>
(確認事項・マイコンメーターの復帰方法)

ガス臭い・ガスが出ない・警報器
が作動した場合はこちら